ラボサービス

当社は柔軟な市場中心のラボサービスを提供しており、飼料、動物向けフード、配合飼料、(バイオ) 燃料の分野でさまざまな製品を分析します。化学分析の経験が豊富であるだけではなく、微生物分析、リアルタイム PCR および DNA 分析の経験も有しています。

当社は継続的にサービスの改善に努めています。ロッテルダムにある当社のラボは、STERLAB 認定 (現在の ISO17025 認定) を受けた最初の商業ラボ施設の 1 つでした。

食品安全および品質のレベルを引き上げた飼料および動物向け食品市場の急速な発展の後、当社はハイテクラボサービスへと進化し、現在では 18 か国で 30 以上のラボを運営しています。当社の化学者は、水分、繊維、炭水化物、脂肪、タンパク質、および灰分について、食料製品の栄養価と成分を検証することができます。また、食品を分析し、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素を特定します。保存期間中の食品の品質を保つために、好気性および嫌気性生菌数を確定し、イーストまたはカビの存在を確認できます。また、感覚刺激性評価を使用して、異物、損傷した穀物、毒性種の有無も検査できます。さらに、ポートフォリオには、GMO 検査の PCR スクリーニングなどの DNA 分析、アレルゲン検査、Hagberg、Alveograph などの製パン性能パラメーター検査もあります。

当社は化石燃料およびバイオ燃料に特化し、このためのさまざまな分析を提供します。基本化学検査から複雑な汚染分析および CO2 計算まで、良品と不良品を仕分けることができます。

当社のラボのグローバルネットワークは、汚染物質および添加物の分野で分析の専門知識を幅広く提供します。これには、マイコトキシンなどの自然の汚染、加工中に発生する汚染 (PAH/ダイオキシン、アクリルアミド、トランス脂肪酸)、および梱包材で仲介された移行があります。殺虫剤と抗生剤の評価により、分析ポートフォリオが完了します。標準の微生物法では、生菌数、イースト、カビを分析し、サルモネラ菌、EHEC、E. Coli O-157 などの細菌を検査できます。分子レベルでは、DNA マイクロアレイによって、E. coli (STEC EHEC)、サルモネラ菌分類などの GMO 分析および微生物分析を行います。また、当社は、HAV (肝炎) やノロウイルスなどの食品媒介ウイルスも検出することができます。

当社は、イノベーション、最先端の設備、および高い訓練を受けた担当者によって、動物向けフード、飼料、および燃料の品質と安全性を検証することに注力しています。

つまり、当社は、人間向けおよび動物向けフードの品質と安全、ならびにバイオ燃料の品質について、ラボ分析およびサポートを提供する企業です。

あらゆる面で品質の裏付けがある迅速かつ信頼できる結果を提供することは、当社にとって最も重要なことです。最高の分析結果と最短リードタイムを常にお客様に提供する必要があります。これを達成するために、たとえば、革新的な高品質ソリューションで分析のパッケージを常に拡大しています。
この方法で、お客様にとって最善の選択肢となることを目指しています。 

当社を選ぶ理由