倉口・船倉検査

積載前の船倉検査は当社のサービスであり、船倉で汚染を発生させずに貨物を受け入れる準備ができているかどうかを検証します。また、倉口検査も実施します。船舶の倉口が密閉されていることを確認し、手配が完了していることを担保することで、貨物の欠陥も防止します。

積載前の船倉検査は当社のサービスであり、船倉で貨物を受け入れる準備ができているかどうかを検証します。当社の船倉検査は、貨物が船倉の状態による影響を受けないこと、または船倉に既にある残留物によって汚染されないことを保証します。Peterson および Control Union は倉口検査も実施し、お客様にさらなる安心を提供します。

船倉検査
積載前に積載区画を検査および検証し、船倉で価値のある貨物を受け入れる準備ができていることを保証します。船倉が乾燥し、清潔な状態であり、貨物に損害や変色を及ぼす可能性がある錆や錆の破片、塗料がないかどうかを確認します。

必要に応じて、船倉に以前の貨物の残りや残留物がないかどうかを化学的に検査できます。汚染検査の一環として、船舶のログが確認され、前の貨物に有害物質があったかどうかを確認します。検疫要件のため、問題の原因となりうる他の持ち込まれた製品には特に注意します。船倉の損傷も確認され、再塗布された領域が確認されます。