喫水検査

喫水検査は船舶に積載された貨物の重量を判定するための手段であり、積載または荷下ろしの前後の水の変化が測定されます。結果の差異は指定された貨物の重量を表します。

前方、船央、右舷側、左舷側の船体の 6 つの基準点で船舶の喫水標を読み取ることで、検査が実施されます。トリム、水密度、貨物以外の重量 (燃料油や飲料水など) などの要因の補正値は、貨物の重量の変化を計算する前に変更されます。

当社の高い資格を有する専門担当者はこのサービスにおいて広範囲な経験があり、喫水検査を実施するために 24 時間年中無休で提供され、国際標準の喫水検査手順に基づいて、「Peterson 喫水検査ソフトウェアシステム」を使用して独立した報告書を作成します。このプログラムは積載または荷揚げされた重量を計算します。署名された数量の合意は一等航海士に提出され、喫水調査報告書は関係者に送付されます。

独立した調査担当者が喫水検査を喫水検査を開始するときには、船舶職員の協力が欠かせません。関連する検査セクション中には、一等航海士と機関長または代理担当者とともに、独立した調査が実施されます。

Peterson と Control Union では、検査および監視の専門知識を活用し、お客様を支援します。70 ヶ国以上でグローバル事業を展開している当社は、比類ない評価能力を提供し、持続可能な付加価値を保証します。